江美研

江戸美学研究所 SINCE2008

見出し見出し見出し見出し

過去の記録 >>
・バックナンバーを見る|2008年 >>
1603年から1867年まで、2世紀半を超えてひとつの器の中で文化が成熟し続けた江戸時代。
この奇跡の時代は、他に例を見ない美意識とライフスタイルのサンプルを私たちに残してくれました。
それは現代にも通じる日本文化の宝庫です。特に色、柄、形、文様などに集約される
遊び心とデザイン魂に満ちた「江戸のデザイン」は、日本人のデザイン感覚、様式美感覚の原点と言えます。
現在進行しつつある平成のライフスタイルは、その美意識と価値観において、
江戸時代のそれと相通じるものが多様に存在します。
江戸の美意識は日本文化のDNAとして、今も私たちの生活のなかに息づいています。
「江戸美学研究所(略称エビケン)」は、この「江戸のデザイン」を中心に、
江戸時代の美意識を多様な角度から研究・分析するために立ち上げました。
特に「江戸のデザイン」を今日にも通じるグラフィックモデルとして認識し、
そのスタイルに焦点を合わせます。そこから得られた成果を、21世紀の文化経済市場と
ライフスタイルにふさわしいカタチで皆様にレポートするものです。
立ち上がりは小さくとも、江戸時代のように末永く。どうぞよろしくお願い申し上げます。
エビケン2月号
江戸美学研究所スタッフがさまざまな江戸のデザインに関わる識者から、
江戸のデザイン、文化について学ぶこのコーナー。
第十・十一回目は、江戸東京博物館にて、都市歴史研究室 専門調査員の
近松鴻二さんに、江戸の衣食住に見るエコスタイルについて教えていただきました。
インタビュー
エビケン編集部
最近では「エコ社会・リサイクル社会としての江戸」が注目されていますね。
江戸の人々の暮らし方や都市構造の工夫など、
今日はそんな江戸時代のライフスタイルについてお話をお聞かせください。
近松さん
まず最初の前提としてお話しなければならないのは、そもそも
江戸時代とは物が少ない時代だったということです。
人々は物がないなりの生活を送らなければいけませんでしたから、
今でいうエコライフ、リサイクルシステムを自然に行っていました。
現在のように環境を考えてエコを目的としていたわけではないんですね。
ですから江戸庶民の暮らしぶりは参考にはなっても、
現代で同じ生活を実践するのは難しいでしょう。
そのような前提で参考にしていただければと思います。
エビケン編集部
物が少ないからこそ、必然的にそれを生かす知恵が生まれているのですね。
近松さん
そうです。江戸時代はいわゆる「鎖国」をしていましたから、
エネルギーも食料も国内でまかなわなければなりませんでした。
いま話題になっている「食料自給率」は
当然100%で、まさに自給自足の閉鎖経済だったのです。
しぜんと省資源・省エネルギーで暮らしていました。
たとえば食料の話をしますと、江戸時代にはひとりの
人間が一年で摂取する米の量は、
ほぼ1石(約180l,重さでいうと約150㎏)とされていました。
そのころの農業の総生産高は米に換算して
年間3,000万〜3,500万石で、江戸時代の日本の総人口は
3,000万〜3,500万人といわれています。
石高と人口がほぼ同じというのは、
当時の人びとはカロリーのほとんどを米で摂取していたので、
石高数の人間数しか養えなかったからです。

都市歴史研究室専門調査員 近松鴻二さん
江戸庶民の暮らしを復元模型で丁寧に
教えてくださいました。
旧暦の研究家でもあります。

エビケン編集部
切実なこととして、つねに身の丈の生活であらざるを得なかったんですね。
近松さん
そうです。必然的にそのような生活になっていたといえるでしょう。
インタビュー
エビケン編集部
「リサイクル」という面ではどのような特徴があったのでしょうか。
近松さん
リユース・リサイクルの面でいうと、衣料の例が分かりやすいと思います。
もともと日本の「着物」というのは洋服と違って、無駄なく作られているんですよ。
まず、反物を直線で裁ちますから端切れが少なく、出た端切れも直線ですから
別のものにも使いやすい。それから着物はほどけば長方形か正方形の布地に戻るので、
縫い直し、染め直しも簡単です。子どもの着物は大きめに作っておいて、
余分な部分を縫い込んだり、帯で丈を調整したので長い間着られたのです。

また、一つの着物も「単衣(ひとえ)」として夏着に、裏地を縫いつけて
春・秋用の「袷(あわせ)」にしました。さらにその間に綿を入れて
冬着の「綿入れ(わたいれ)」にできました。だから同一の着物で
ずっと暮らせてしまうわけです。
エビケン編集部
極端な話、1枚の着物で1年が過ごせてしまうんですね。
近松さん
そうですね。極端な話ではなく、庶民が持っている着物の数は
1枚、2枚ほどでよかったようです。
じつは庶民の家には箪笥(タンス)がなかったんですよ。
着物も多くないですから必要なかったんですね。
「柳行李(やなぎごうり)」(図1)や
「葛篭(つづら)」という衣裳ケースのようなものが
1つか2つありまして、それに家族分の着物が
すべて入ってしまったのです。

(図1)柳行李(やなぎごうり)

エビケン編集部
着物を買う機会は少なかったのですね。
近松さん
ええ、新品を買うことはめったにありませんでした。
そのかわり江戸では「古着屋」が繁盛していたんですよ。
着物を買ったり売ったりすることが日常的だったのです。
必要になれば古着屋から買って、必要がなくなれば売るんです。
着物は常にレンタル・リユースのような感覚でした。
エビケン編集部
なるほど。着物はずっと所有するというよりも、その時々で
上手に使っていく…徹底的に無駄がないですね。
インタビュー
近松さん
さらにリサイクルの例では、たとえば綿(わた)がどのように活用されていくかですが、
次の図をご覧ください。これも無駄なく生かされている例です。
エビケン編集部
どんどん形を変え、最後には肥料になって綿花栽培に戻るのですね。
素晴らしい、完全な循環ですね。
近松さん
そうです。ここまで徹底して一つのものを生かしていました。
また綿の実を搾ると油がとれ、食用や照明用に使われていました。
インタビュー
エビケン編集部
「食」に関してはどのような工夫があったのでしょうか。
近松さん
食生活に関しては、先ほどのように食料自給率100%というのはもちろんですが、
食事の作法も今とは違ってエコに徹していました。ちゃぶ台が浸透する大正期までは、
日本の家族は食事の時に、めいめいの「箱膳」を使っていたんですね。
エビケン編集部
「箱膳」とは何ですか?
近松さん
箱膳というのは、箱の中に一人分の食器が収納でき、その蓋をひっくり返して
箱にのせれば膳になるという、食卓と食器入れが一緒になった
一人分のコンパクトなお膳です。(図2)
(図2)箱膳(はこぜん)
エビケン編集部
機能的なお膳ですね。
近松さん
その箱膳の食事作法のひとつとして、食べ終わったあと茶碗やお椀に
お茶やお湯を入れ、香の物と箸を使って中をきれいにし、
そのお茶やお湯を飲む、というのがあります。
水分補給と食器の汚れを取ることが一緒にできてしまうわけです。
かなりの水の節約になりました。
エビケン編集部
節水の徹底の仕方が、現代の感覚とはまったく違いますね。
近松さん
そうですね。現代の美的感覚では考えられないことですが、
江戸時代はそれが当たり前だったのです。
箱膳は、食事をしないときは、家族の分を重ねて部屋の隅に
置いておけるので食器棚はいりませんし、場所も取りません。
「無駄を省いた美」というのは、日本では昔からある考え方なんですよ。
茶道でも、もともとは無駄を省くことを追求した作法だったのが、
その形が美しいとして、だんだん様式美を強調する文化になっていきます。
エビケン編集部
茶道の決まりごとも、元は無駄を省いたふるまいだったのですね。
日本人の考え方を貫く「ミニマムな美」を、箱膳にも感じますね。
インタビュー
近松さん
エネルギーを使わずに暮らすということでは、
「日の出とともに起きて、日の入りとともに寝る」といったような生活をするのが
一番の基本でした。油を燃やす主要な照明具である
行灯(あんどん・写真1)の光は、
いまの電灯に比べようのないほど
暗いものでしたし、油は高価でしたから。
また、夜に仕事をする場合は、
月明かりがあるかないか、つまり新月か、
満月かというのも重要でした。
江戸時代は月齢と日付が一致している
「旧暦」を使っていましたから、
月の満ち欠けは庶民の体になじんでいたんです。
「満月の日は明るいから夜に仕事ができるな…」
ですとか。

現代の暦は太陽の運行をもとにした暦の一種
「グレゴリオ暦」ですが、「旧暦」は、
月の満ち欠けを基準とした「太陰暦」と、
現代の季節感覚と同じ「太陽暦」を合わせた
「太陰太陽暦」という暦です。
現代は太陽が基準ですが、江戸の人々は
太陽と月の両方を見ていたんですね。

(写真1)行灯(あんどん)

エビケン編集部
なるほど。自然に即して生活をしていたんですね。
確かにそれがいちばん理にかなっている気がします。
近松さん
時刻も、太陽の運行にあわせた「不定時法」という時刻が使われていました。
エビケン編集部
「不定時法」とは何ですか?
近松さん
現代の時刻というのは、1日を24時間に均等に割った「定時法」ですよね。
「不定時法」というのは、一日を昼と夜と2つに分けて、
さらに昼・夜それぞれを6等分したのです。
その6等分された1つの時間の間隔を「一刻」と呼びますが、
当然、昼の時間が長くなる夏は、それに比例して、昼の一刻が長くなり、
夜の一刻は短くなる。冬は逆、ということです。
つまりコストのかからない自然の照明を最大限に利用していたわけです。
エビケン編集部
現代のように時刻をベースに生活する、というよりも
むしろ日の長さに合わせて時刻がある、ということなのですね。
まさにお天道様と一緒に生活する、といった感じです。


◎後半は、次回WEBマガジンに掲載いたします。
長屋での生活や、都市・仕事に「江戸のエコスタイル」を見ていきます。

江戸東京の歴史と文化について、豊富な資料や復元模型を通して楽しみながら学べる博物館。
5階と6階が吹き抜けになった、約9,000㎡(延床面積)の常設展示室では、
実物大に復元した大型模型などが展示され、江戸東京の都市と文化、生活を楽しく学ぶことができる。
また年間を通じて様々な特別展を行っている。図書館、映像ホール、映像ライブラリー、
ミュージアムショップ、レストランなどもあり、一日中楽しめる博物館だ。
「えどはくカルチャー」、「ふれあい体験教室」などのイベントも
随時開催され、気軽に楽しめる。

ホームページhttp://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

今月のエビケン編集部のつぶやき

アッチ(32) 入社5年目/デザイン担当

●趣味:昼寝
●特技:聞き上手

たった200年足らずで随分日本の生活ぶりは変わりました。ボタン1つでインターネットを繋げれば世界中の人々と話すことだって瞬時でできる。江戸の人間が現代を知ればひっくり返ることでしょう。今から200年後、人間の生活はどう変わっていくのでしょうか。個人的には人間は進化を求める生き物なのだから「なるようになる!」と思っています。ただその時も優しい気持ちでいれたらいいですね。

チッチ(33) 入社5年目/ライター担当

●趣味:模様替え
●特技:トーク

江戸の暮らしの前提には「身の丈でなければ暮らせなかった」という現実があったんですね。その必然が生み出した“エコな暮らしの知恵”には、目を見張るものがあります。必要最小限で上手にやりくりする……時代は違えど、大量消費からサスティナブルな社会へと意識が向かっている現代。簡単には取り入れられないとしても意識として学ぶことはたくさんありそうですね。

 

 

 

 

 

 

見出し見出し見出し