去る7月4日、江戸東京博物館において愛知県岡崎市の産婦人科医、
吉村 正先生の講演会がありました。
78歳の先生はご高齢の上、ご体調をくずされ、
今回が最後の東京講演になるかもしれないと聞き、駆けつけたのです。

お産の家」は、1999年夏、江戸時代の伝統的建築工法により
吉村医院西隣に完成しました。 自然なお産を追求してきた吉村院長が、
真実のお産のための、究極のお産施設として創り上げたものです。
本館の裏庭に建つ茅葺屋根の古民家は、
江戸時代、250年以上前のものを、愛知県北部の足助から移築したもの。
吉村医院では「古屋(ふるや)」と呼んでます。

ここには妊婦さんたちが毎日集い、古典的労働を行っています。
ノコギリで木を切り、斧で薪を割り、井戸で水を汲み、
古屋の床や壁を雑巾で拭きます。』(以上HPより抜粋) 。

この日、吉村院長は妊娠中の食生活について
『日本の土地で単純な農業によって自然につくられたものを、
少しだけ食べるといいです。 江戸時代や明治時代の食生活がいいのです。
自然の法則にしたがって生きていた頃の食べ物を食べることで、
かつてのような自然なお産ができるようになってい きます。
甘いものや、油ものや、洋食をパクパク食べて、あとはゴロゴロ寝ておって、
身体を動かさないうえに、ちょっとしたことでビクビクしておる。
そんな生活をしていたらいいお産なんてできません。
しっかり自分の生活を見直して下さい。』
とお話されていました。

講演会では 吉村医院での妊婦さんたちの労働の様子が映像で流されました。
臨月の大きなお腹をかかえ、しっかり薪を割り、
単純作業のリズムがとても気持ちがいいとの感想を
笑顔で話す様子がとても印象的でした。
 そして産まれてくる赤ちゃんたちの
安堵の表情と
清らかな瞳に涙が出たほどです。
(ちなみにわが息子は眉間にくっきり皺をよせて産まれてきまし た。)

医療の進歩とともに ここ数年の帝王切開率の高さは異常だと
吉村院長は強く現代のお産事情の危機について訴えます。
昔ながらのお産をしていたら皆ツルツルに産まれてくると─


この秋には
河瀬直美監督最の新作であり、
吉村医院のドキュメンタリー映画
『玄牝(げんぴん)が公開されます。
公式HP→http://genpin.net/
是非、観て心で感じていただきたい作品です。
また 吉村院長、最新のご著書
『いのちのために いのちをかけよ
(地湧社)には
次世代へ江戸のお産の素晴らしさをつなげたいという、
院長の強い願いがしっかりとつまっています。

私の鹿児島に住む97歳の祖母はかつて自宅で助産院を営んでおりました。
自然のお産、そこに真の強さがある日本人がまた生まれくるのではないかと……、
期待したいものです。

愛知県岡崎市 吉村医院・お産の家
http://www.ubushiro.jp/

江戸時代の中江藤樹は実に耳がイタイことを説いてくれます。

『母親が夫の欠点や失点をわが子に語り聞かせて面白がる者が多い。
それはその子に不孝を教えることになる。
親孝行は必ず親の欠点を見ることから始まるからだ』

旦那さまに聞こえるように
『パパ、嫌よね〜。パパ何も手伝ってくれないから』
など、
決してわが子の前でぼやいてはいけないのです。

『わが身を正して道にかなった行動を示すことが自然と周囲に変化をもたらす
徳教こそが子育ての根本である』とも……。

今日から『ザ・徳教』をテーマに生きていこうと決意してみました。


庶民のための礼法『礼学童蒙必要』によると、2歳になったら
『朝、母は子を抱いて両手を合わせ、父にお礼(挨拶)をすることを教えよ。
歩くようになったら、母にお礼をすることを教えよ。祖父・祖母をはじめ、
他人に会うたびにあいさつすることを教えよ。
言葉が話せない赤ん坊でも、母親が抱っこしてあいさつせよ』
とあります。

両手をあわせて旦那さまに朝の挨拶。早速明朝から実行です。

これは日本を変える実験のような気がしてなりません。
どれだけ続くか楽しみにしていてください。

ゆったりとした気持ちでクラシックを聞きましょう、
お腹の赤ちゃんに絵本を読み聞かせましょう──
というのが現代の胎教。どちらかといえば主体は
まだ見ぬ赤ちゃんであると思い込んでおりました。

ところが江戸時代の胎教の主体は母親。

『慈悲や正直の心持に務め、仮にも邪な考えを起こしてはいけない。
食物を十分慎み、環境や身の行いも正して慎み、
目に乱雑な色を見ず、耳に邪な声を聞かず、
古の賢人、君子の行跡や孝悌忠臣の故事を記した草紙を読んだり、
そのような物語を聞くがよい』

美人の女の子を望めば美人画、
丈夫な男の子を望めば武者絵を見ましょう──と
江戸時代初期の陽明学者、中江藤樹は「鑑草」で説いてます。
そう、胎教とは母親の毎日の生活そのものなのです。

十月十日(とつきとうか)、
今の世の中で、
当時の胎教を実践して出産できたら
将来の日本は素晴らしいものになるでしょうね。
是非、広めていきたい考えです。

思えば出産前に初の出版を控え、編集者の方にご心配をかけながら
予定日も仕事をしていた私─、反省しきりです。

〈懐妊を知るには、いかに〉

あ、もしやと思ったら
妊娠判定薬でサクッと妊娠か否かは一応気軽にわかる現代。
江戸時代は懐妊か否か知るのも体当たりなのであった。
さしづめ『女性の品格』のお江戸版『女重宝記』によると方法は二つ。

一、川芎(せんきゅう:セリ科の多年草)を粉にして
      もぐさ(よもぎ)の煎じ汁にして空き腹にのむべし。
      その日のうちすこし腹うごく⇒懐妊。
      うごかない⇒病

senkyu.jpg

二、よき酢にてもぐさを煎じ、さかずきの半分ほど飲むべし。
      腹の内しきりに痛むことあれば⇒懐妊。
      痛まない⇒病

なんだか、まずそうで、にがそうで、しかもとても痛そうだ。
でも厳かで儀式的な感じもあって、悪くない。
痛くないならちょっと(だけ)試してみたい気がしないでもない。

〈食べていいもの、いけないもの〉
私の場合、妊娠中一番の関心ごとは『食事』だった。
あれも食べたいこれも食べたい、お腹の赤ちゃんの欲求に従ってしまえ〜。
「スシはダメよ〜♪」と、生ものはあまり良くないと
昔、アメリカ人の妊婦の友人から聞いたことだけ覚えていた。
環境破壊が叫ばれる今とでは、食べ物の質も味も当然違うかもしれないがいたって雑穀万歳の粗食がいいらしい。


☆懐妊のとき食べていいもの

 

おおむぎ
あ   わ き   び 黒   豆 大   根 ご ぼ う
う こ ぎ あ ざ み せ   り う   ど やまのいも
い ち ご く   こ にんじん こ   い か   き い   か
が   ん く ら げ        

 

★懐妊のとき食べてはいけないもの

 

な   し う   め も   も す も も あ ん ず く わ い
 くずのこ
すべりひゆ  はすのね
ま   め も   ち こんにゃく
ひ と も じ (葱)
くさびら(茸) い た ど り(山菜)
が  ざ  み (か に)
いしがれ (いしがれい)
うろこなき魚
し じ み  さけの魚
あ   ゆ ふ   な 川   魚  どじょう
な ま ず えびこんぶ た   こ  めんるい す し 干塩(醤)
か   も は   と す ず め 肉   食 くさきもの からきもの
塩辛きもの 油気のもの あつきもの      

 

朝は果物よね、と梨や桃をしゃりしゃり食べ、梅干もほぼ毎日。
鮭はアンチエイジング対策。
ヘルシーなきのこいっぱいの熱々の鍋にうどんを入れ、葱も入れ
体重が増えたからといってはこんにゃく麺を食べていた。
インドカレーやグルメバーガーにはまった時もある。
そして好物の鰻も少々。
ぜんぜん駄目、失格だ。──あい、すみません。
冷や汗である。


 

〈これがあれば難産なし?〉
妊婦にとっては、神にもすがりたい安産。
私も頂いたお守り達をしっかり産院に持参した。
お江戸の安産=難産なしのおまじないには伊勢という字を紙に書き
信心して水にて産婦に紙を飲ませればそのまま生まるるとある。

伊勢という字は分解すると[人これ生まるるは丸(まろ)が力]と読む。
神の力で生まるるの理だと。
お伊勢パワーだ。なんともスピリチュアルではないか。kn-tog-00-000-6.jpg

 


 

調べたところ、なんとメスがオスの体内に卵を産みつけ、
オスは自分のお腹の中で胎児を育てるという。
交尾の数日後には、ちゃんと稚魚がオスの体から
次々と産まれてくるらしい。
いわば夫が出産育児をするわけである。
江戸の感覚はなかなかウィットにとんでいるとみた。

以上、次回はお江戸の胎教について語りたい

バックナンバーを見る
バックナンバーを見る