江戸時代のお産を継承する「お産の家」

去る7月4日、江戸東京博物館において愛知県岡崎市の産婦人科医、
吉村 正先生の講演会がありました。
78歳の先生はご高齢の上、ご体調をくずされ、
今回が最後の東京講演になるかもしれないと聞き、駆けつけたのです。

お産の家」は、1999年夏、江戸時代の伝統的建築工法により
吉村医院西隣に完成しました。 自然なお産を追求してきた吉村院長が、
真実のお産のための、究極のお産施設として創り上げたものです。
本館の裏庭に建つ茅葺屋根の古民家は、
江戸時代、250年以上前のものを、愛知県北部の足助から移築したもの。
吉村医院では「古屋(ふるや)」と呼んでます。

ここには妊婦さんたちが毎日集い、古典的労働を行っています。
ノコギリで木を切り、斧で薪を割り、井戸で水を汲み、
古屋の床や壁を雑巾で拭きます。』(以上HPより抜粋) 。

この日、吉村院長は妊娠中の食生活について
『日本の土地で単純な農業によって自然につくられたものを、
少しだけ食べるといいです。 江戸時代や明治時代の食生活がいいのです。
自然の法則にしたがって生きていた頃の食べ物を食べることで、
かつてのような自然なお産ができるようになってい きます。
甘いものや、油ものや、洋食をパクパク食べて、あとはゴロゴロ寝ておって、
身体を動かさないうえに、ちょっとしたことでビクビクしておる。
そんな生活をしていたらいいお産なんてできません。
しっかり自分の生活を見直して下さい。』
とお話されていました。

講演会では 吉村医院での妊婦さんたちの労働の様子が映像で流されました。
臨月の大きなお腹をかかえ、しっかり薪を割り、
単純作業のリズムがとても気持ちがいいとの感想を
笑顔で話す様子がとても印象的でした。
 そして産まれてくる赤ちゃんたちの
安堵の表情と
清らかな瞳に涙が出たほどです。
(ちなみにわが息子は眉間にくっきり皺をよせて産まれてきまし た。)

医療の進歩とともに ここ数年の帝王切開率の高さは異常だと
吉村院長は強く現代のお産事情の危機について訴えます。
昔ながらのお産をしていたら皆ツルツルに産まれてくると─


この秋には
河瀬直美監督最の新作であり、
吉村医院のドキュメンタリー映画
『玄牝(げんぴん)が公開されます。
公式HP→http://genpin.net/
是非、観て心で感じていただきたい作品です。
また 吉村院長、最新のご著書
『いのちのために いのちをかけよ
(地湧社)には
次世代へ江戸のお産の素晴らしさをつなげたいという、
院長の強い願いがしっかりとつまっています。

私の鹿児島に住む97歳の祖母はかつて自宅で助産院を営んでおりました。
自然のお産、そこに真の強さがある日本人がまた生まれくるのではないかと……、
期待したいものです。

愛知県岡崎市 吉村医院・お産の家
http://www.ubushiro.jp/

バックナンバーを見る
バックナンバーを見る