歌舞伎座の思い出......

東京の銀座に威容を誇り、名物でもあった歌舞伎座が
4月興行を最後に建て替えられることになり、
4月末にはその姿を消してしまいます。

三年後には、また新しい歌舞伎座がお目見えするとのことですが、
なんかやはり淋しい気がします。
しかし、歴史を見てみますと歌舞伎座は、明治22年(1889年)に、
東京の木挽(こびき)町に開場して以来、
今年はおよそ120年の月日が経ち、
その間、4回建て替えられています。
大正時代に火災に見舞われたのをはじめ、
大正の関東大震災、昭和の東京大空襲に遭遇し、
現在の建物は昭和26年に建て替えられたもの──、
約60年程前のことです。

太平洋戦争の傷跡も癒えぬ殺伐としていた当時、
歌舞伎座の復興はそれだけでも
どれほど国民に勇気を与えたかしれません。
焼跡の残骸も残り、食糧事情も悪く、経済も不況で
戦争に負けた今後の日本はどうなるのかと、
暗い気持ちであった日本人の心を明るくしたのでした。

今は亡き、初代中村吉右衛門、市川猿翁、七代目坂東三津五郎、
三代目中村時蔵を中心に重々しく幕を開けました。
その時観た「籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)」をはじめ、
数々の舞台は未だにはっきりと脳裏に残っています。
それからどれほど通ったか判りませんが
思い出は尽きません。

歌舞伎見物というとお芝居を観るだけと思っている方が
多いようですが、そうではないと思います。
観る楽しみはもちろん、美味しいものを食べる楽しみ、
親しい人たちと話をする楽しみ、
晴れの着物を着てお洒落をする楽しみ等、
色々な楽しみが含まれていて、
それらが一緒になって芝居見物というのではないでしょうか。

歌舞伎座の中には「吉兆」という高級料亭をはじめ、
食堂、蕎麦や、カレーライス店、コーヒーショップ等、
沢山ありました。
また、売店もお洒落グッズからモナカアイスに至るまで
幅広い賞品が並んでいました。

そうして幕間も楽しく過ごせたものでした。

外観の歴史も写真で見ますと洋風、日本式宮殿風、現在の桃山風と
変わってきています。
今後3年後に開場する新しい歌舞伎座はどんな建物になるのでしょうか、
どんな内部になるのでしょうか、今から楽しみです。

バックナンバーを見る
バックナンバーを見る