江戸を知るには歌舞伎から

塚田圭一(つかだ・けいいち) 
1934年、東京生まれ。
早稲田大学文学部演劇学科卒業。学生時代から歌舞伎にいそしむ。
卒業後、卒論のテーマだった『小芝居』の取材のために通ったかたばみ座に在籍。
その後、菊五郎劇団を経てフジテレビ開局時(1958年)に入社。
主にドラマの演出で活躍するかたわら、歌舞伎座等のイヤホン・ガイドの
解説をスタート時から担当している。
現在はフジテレビを経て共同テレビジョン代表取締役会長。数々のイベントに取り組む。
著書には「歌舞伎・ザ・エンターティメント」「平成歌舞伎委員会」(扶桑社)がある。

 

歌舞伎は慶長八年(1604年)に、出雲の阿国が京都で「かぶき踊り」を
興行したのが始まりとされています。
慶長八年といえば、徳川家康が江戸に幕府を開いた年です。
つまり「江戸時代」の最初の年です。
そのころは人口16万人位の年であった江戸も
ぐんぐん成長し世界に冠たる100万人都市となりました。
歌舞伎もそれに比例するように発達し、
元禄時代に入ると大きく開花したのです。

江戸には市川団十郎、上方には坂田藤十郎という大スターが出現し、
作者も近松門左衛門、音楽の方でも竹本義太夫等、逸材が揃ってきました。
テレビも、ラジオも、映画もない、新聞も週刊誌もなにも無い時代です。
現在のメディアの総合的な機能を持っていたといっても
過言ではないでしょう。
何か事件があれば、すぐそれを舞台で取り上げたりもしてましたから
テレビのニュースショウを見るような楽しみもあったに違いありません。
舞台で俳優が着る衣装も、すぐに真似たりする人が多く、
ファッションの原点でもありました。
デザイン、音楽も歌舞伎から生まれたものが多く、
流行語も数多く流布しました。
歌舞伎以外には、他にこれといった娯楽は無かったわけですから、
民衆が熱狂的になったのも想像に難くありません。
ですから、江戸を考察しようとする場合、歌舞伎は大変に重要です。

幸い現在も歌舞伎は盛んに上演されています。
江戸時代に作られた数々の名作が今も見られるわけですから、
こんな貴重な生きた資料は他にありません。
当時の生活習慣から、衣裳、頭髪、言葉等にいたるまで
手にとるように判ります。
義理、人情、仁義という言葉を聞いただけで
毛嫌いする人も多いようですが、
その中には現代の人が忘れてしまっている美しい心が
感じられるお芝居も結構あります。
なんといっても伝統芸能の最も代表的なものです。
我々の先祖が作り上げた偉大な文化です。
日本人である以上、是非観て頂きたいと思います。
いろいろな角度から江戸を知ることができるはずです。

バックナンバーを見る
バックナンバーを見る